基礎から学べるインフルエンザの知識

インフルエンザについて知っておきたいこと

毎年のように寒い季節になると全国的に大流行するインフルエンザ。
普通の風邪と違って症状が重く、小さな子供やお年寄り、持病持ちの人がかかると命に関わる可能性もあります。

保育園や幼稚園、学校、職場などの集団生活により感染するケースが多いインフルエンザとは、一体どのようなものなのでしょうか。

最近は早めに薬を服用することで症状も軽く抑えることが出来る場合もありますので、「おかしい」と思ったらすぐにインフルエンザを疑い、病院に行きましょう。

当サイトでは、基礎知識として知っておきたいインフルエンザに関する情報と、予防方法についてお伝えしています。

お勧め記事

インフルエンザの解熱剤を使う時の注意点
解熱剤を使うと回復がおくれる インフルエンザで急に高熱が出ると、ともかく早く熱をさげようと、慌てて解熱剤を服用する方がいますが、これは逆効果です。 解熱剤にはウィルスや細菌をやっつける効果がないどころか、熱を下げてしまうと、ウィルスの攻撃から身体を守る力が弱ってしまいます。 そも

インフルエンザと普通の風邪との違い
毎年、秋から冬にかけて猛威を振るうインフルエンザ。 シーズンが終わってみれば「今年は流行した」「それほど流行らなかった」などと振り返ることもできますが、流行真っ只中ではそうもいかないもの。 特に日本では受験シーズンと重なるので、受験生やそのご家族は戦々恐々と過ごすことも多いのでは

インフルエンザの種類!3つの型は何が違うのか?
インフルエンザのA型、B型、C型とは何でしょう。 A型、B型がよく、インフルエンザ流行の報道がされている型ですが、この「型」とは一体何でしょう。 よく、ワクチンが効くタイプか効かないタイプかと言われることがありますし、また、同じシーズンに2度インフルエンザにかかる人もいます。 こ

インフルエンザの種類とその特徴
「今年の流行はA香港型と予想」「検査をしたらB型だった」など、インフルエンザウイルスは遺伝子の種類によって型が異なります。 A型、B型が有名ですが、C型と呼ばれるものもあるようです。 仮にどの型にかかっても、症状自体はあまり違わないのでは...?と思う方もいらっしゃるかもしれませ

インフルエンザが流行する時期と広がり方
日本でのいわゆるインフルエンザシーズンはだいたい11月下旬~12月上旬に始まり、1月~3月にピークを迎えます。 これは気温が低く空気も乾燥しているため、ウイルスが長生き出来る環境にあるのが大きいでしょう。 また、冷たく乾いた空気でのどや鼻の粘膜が弱まるのも原因の一つとされています